IMG_6334

今日は、先日募集していた「エニアグラムタイプ判定事例」の分析例をご紹介します。

応募してくださったのは、かの香里さんという、お子さんが複数いらっしゃる女性です(「かの香里」さんはご自身ご希望のペンネームです)。
 
本来、この事例募集では、「エニアグラム」のタイプ判定だけを目的としていたのですが、香里さんの場合、お聞きしているうちに、「親子関係」の影響「ADD(注意欠陥障害:発達障害の一種)の疑い」というお話が出てきたので、かなり長くなり、このブログでいつもお話している「性格を形成する4つの要素」を含めての判定となっています。


目次:導入
   ADDの疑いと親子関係の影響
   現在の状態の総括
   ご本人の感想
   まとめ 


導入


では、早速、かの香里さんとのやりとりをご紹介していきたいと思います。

かの香里さんの最初のメッセージです。*今後、香里さんのメッセージは引用枠で囲んで表します。

はじめまして。エニアグラムの申込みをします。かの香里と申します。

イヤな事は、嘘をつかれたり、押しつけられたり、決めつけられたり、自由を奪われたり、好きな人が離れてしまう事。等々。

好きな事は、自分のリズムで動ける事。興味深い分野を学ぶ事。自然を感じる事。美味しく食べる事。好きな人と話す事。等々。 長所は比較的、正直。短所は、自己管理が下手。不器用。

周りからは、明るい。面白い。変わってる。フレンドリー。に見られ勝ちです。 47か悩みます() 宜しくお願い致します。

訂正 楽しい事楽しい人と話したり笑えたり() 好きな事と殆ど変わらないです。 天然ボケ、話が飛ぶ等々、ユニークに見られます。


 これを受けて、私の最初の印象は7w8か7w6でしたが、明確に判定するには情報が足りないと感じました。皆さんはどう感じるでしょうか?


また、ご本人がおっしゃるようにタイプ4の可能性も捨てきれません。タイプ4なら4w3です。

そこで、私は以下の質問をしました。 

(1) 口数は多い方ですか?飲み会とか複数の人がいる場で、結構話す方でしょうか。 
(2) 人を笑わせることが好きですか? 
(3) 男性のタイプは、引っ張ってくれるような男らしい人が好きですか?それとも、かわいい感じの優しい人が好きですか? 
(4) 大勢の人の前で話すことは苦手ですか? 
(5) 「天然ボケ」と書かれていますが、芸能人だと、よく綾瀬はるかさんとか相田翔子さん(この2人は4w3です)とかが天然ボケと言われています。雰囲気としては、この2人と似ている感じでしょうか?それとも、もっと明るく面白い感じでしょうか?

これに対して、香里さんの返信は、
昔は無口、今は多弁。話すほうかな?人見知りなくなったみたいで。
可愛い人が好き←見た目が。 ほんとうは守ってくれる人が好き?かも。
天然ボケでも、ハキハキしてる(笑)から、ふんわりした雰囲気ではないかも。
余り緊張しない。
単独行動か、グイグイ?リーダーシップタイプではない。周り大丈夫かな?とは仕事中に気になるけど一人一人が。
昔、(エニアグラムの)詳しい本を持ってたのに処分しちゃった。難しい関係性の母が不調時の2の流れに重なり驚いてました。
小学校高学年は9がイメージだったのに。では、又明日~~
というものでした。

これを読んで、私はタイプ7w8の可能性が最も大きく(理由は後ほど説明します)、次に7w6と考えました。4w3は可能性が低くなっています。

しかし、ここで出てきた「難しい関係性の母」という言葉で、「親子関係」の影響を考え始めました。

そこで、さらに次の質問を行います。

(1)無口だったのは何才頃までですか?(小学校高学年までが9的で無口だったということでしょうか?) 
(2) 「普通」が嫌で、人と違うことをしたいと思いますか?個性的でありたいと常に心がけていますか? 
(3) 人を笑わせることは好きですか? 
(4) 九州男児的な、亭主関白的な男性(「俺についてこい!」というような)を好きになる可能性はあると思いますか? 
(5) タイプ4かもしれないと思ったのは、どうしてですか?

(1)を聞いたのは、タイプ7はかなり口数が多くなるので、「無口」から「多弁」になったのは、タイプの影響が出始める小学校高学年から中学生頃なのか、確認したかったからです。

この質問に対する香里さんの答えは、
無口だったのは、集団の中で無口だったのは、殆ど、ずっと(笑)、家族や身内以外の極親しい人だけに無邪気に振る舞え、初対面の人にも人見知りなく話せるようになったのは、子どもが生まれてからです。
普通って言葉自体が謎です。特に個性的でありたいとも思ってません。変わってると言われると、自分では自然なのに?と(笑)かと言って普通って言われるのも、つまらなそうで(笑)、自分では地味な性格だと思っているから、ウケるのは楽しいけど、普通も個性的も時代?や場所?や捉え方で変わるから、どうでもいい感じ。その人らしさ?って感じる事は好きです。面白いから。
人が笑ってるのは自分も嬉しくなるし好きです。自分から楽しんでるけどウケたら更に笑いとれて何よりかと。

亭主関白は苦手(笑) でも、可愛いかな?と。惚れてくれた人が一生懸命に自分を好きな余り、亭主関白っぽく尽くしてくれるのは、可愛いから好きです。亭主関白っぽく尽くして?変だな()自分の好きなようにしか尽くせないので亭主関白な人は自分には満足出来ず破綻すると思う。

俺についてこい!って年下の人には、顔が可愛いかったので、ほだされた事はあります()

4は、自然や占いや神秘的?な世界にも興味があったし、自分の好きなように自分のカラーで生きたいって思いが強いから、カラー=個性かと。7かな?ってのも楽しくが憧れ? 大地のように全てを受け止め泰然?悠然?とした自分になりたい何故なら好きな人を愛したいから  ので、そういう人にも憧れていますが、自由になりたい気持ちも強い。


これを受けての私の説明が以下のものです。<>の中は、香里さんのメッセージを引用したものです。

<イヤな事は、嘘をつかれたり、押しつけられたり、決めつけられたり、自由を奪われたり、好きな人が離れてしまう事。等々。 >

「これはタイプ4とも7とも取れます。」 と返信には書きましたが、この中の一部は後で説明する「親子関係」の影響で生じているものでした。

<好きな事は、自分のリズムで動ける事。興味深い分野を学ぶ事。自然を感じる事。美味しく食べる事。好きな人と話す事。等々。>

 「これも、タイプを判定する材料にはちょっと足りない感じです。ただ、嫌なことで、「自由を奪われること」というのがあったので、「自分のリズムで動けること」というのは関連があると思い、これは香里さんにとって、かなり重要なことなのかなと感じました」

と返信しましたが、「自由を奪われる」はタイプ7的でもあるけれど、親子関係で縛られている場合もそう感じる可能性があると感じていました。
<長所は比較的、正直。 >

「これもちょっとタイプを判定はできません。」

<短所は、自己管理が下手。不器用。>

 「これは、タイプ7的です。タイプ7は頭の回転が早く、行動化も早いので、あまり考えてから行動するタイプではありません。慎重さには欠ける面があります。」

<周りからは、明るい。面白い。変わってる。フレンドリー。に見られ勝ちです。 楽しい事←楽しい人と話したり笑えたり(笑)  >

「これも、タイプ7的です。タイプ4には、明るい、面白いという評価はつきにくいです。 」

加えて、もし7w6だとすると、ここに「優しい」「親しみやすい」などが入ってきそうです。

<天然ボケ、話が飛ぶ等々、ユニークに見られます。 >

「昨日あげた綾瀬はるかさんや相田翔子さんはタイプ4w3なのですが、もし4w3で、ほんわかした雰囲気でも、地味で真面目でおとなしい感じでもないとすると、椎名林檎さんや真木よう子さん、ジュディマリのYukiさん、Charaさんのような個性的な雰囲気になります。  

でも、香里さんの面白い、ハキハキ、明るいという雰囲気とは違う感じがします。個性的な4w3はどちらかというと、「闇」がある感じがしますので。 」

<昔は無口、今は多弁。話すほうかな?人見知りなくなったみたいで。 >

「これはタイプ7的ですね。」 

<可愛い人が好き←見た目が 。ほんとうは守ってくれる人が好き?かも。>

 「 これもタイプ7的です。タイプ7の女性は可愛い男性が好きです。 」

タイプ7w8の女性は、かわいい男性が好きで、上から目線の九州男児的、亭主関白的な男性は苦手な人が多いです。でも、奥には「甘えたい」「弱い自分を見せたい」という部分もあります。

<天然ボケでも、ハキハキしてる(笑)から、ふんわりした雰囲気ではないかも。 余り緊張しない。 >

「これもタイプ7的です。ハキハキして、緊張しにくいのは特に7的ですね。 」

ここで、4w3の可能性がまたかなり低くなっています。タイプ7は本番に強いタイプです。ドキドキやスリルすらも楽しく思える傾向があります。

<無口だったのは、集団の中で無口だったのは、殆ど、ずっと(笑)、家族や身内以外の極親しい人だけに無邪気に振る舞え、初対面の人にも人見知りなく話せるようになったのは、子どもが生まれてからです。>

 「昨日、お母さまとの関係が難しかったと書かれていましたが、無口だったのはお母様の影響もあるのでしょうか?これについては、また後で質問させていただきますね。」と書きました。

「無口」だったのは、自我の確立以前でタイプの影響が出ていなかったからではなく、親子関係の影響の可能性があると思い、ここで初めて「親子関係」に言及しました。

<普通って言葉自体が謎です。特に個性的でありたいとも思ってません。〜  >

「「個性的でありたい」と思うならばタイプ4と言えるのですが、そうではないということなので、これでは判別できません。タイプ4w3にも、地味で大人しい系の人もいて、そういう人はそこまで「普通が嫌」とも「個性的でありたい」とも思わないので。 でも、「ウケるのは楽しい」「面白いから」とおっしゃっているのは、タイプ7的と思いました。 」

<人が笑ってるのは自分も嬉しくなるし好きです。自分から楽しんでるけどウケたら更に笑いとれて何よりかと。

「これもタイプ7的です。」

<亭主関白は苦手(笑) でも、可愛いかな?と。 >

「この辺は、やはりタイプ7的です。亭主関白は苦手だけど、可愛いならOKというのがタイプ7的です。やはり、タイプ7は男性に「かわいさ」を求めるので。」

<4は、自然や占いや神秘的?な世界にも興味があったし>

「これは、タイプ4的というよりタイプ7的です。本で読むと、タイプ4は神秘的な世界に惹かれそうに思いますが、実際はそうでもないんです。タイプ7の方が、そういう世界に興味を持つ方は多い気がします。ヌーソロジーにハマるのも、タイプ4よりタイプ7の方が多いです。 」

<自分の好きなように自分のカラーで生きたいって思いが強いから、カラー=個性かと。7かな?ってのも楽しくが憧れ?  >

「タイプ4は、他人と比べて「個性的」であることを求めます。自分が周囲の人と一緒で存在価値を感じられないと「自分の存在が消えてしまう恐怖」を感じるからです。 そして、他者とのつながり・絆を感じることで「自分の存在を確信したい」と思っています。ですから、「見捨てられること」にも恐怖を感じます。 でも、香里さんは、他人は関係なく、主観的に「自分のカラーでいきたい」とおっしゃるので、やはりタイプ7的かと思います。 今の所、私はこのように考えていますが、香里さんはどう思われましたか?感想お聞かせいただけると嬉しいです。 」


ADDの疑いと親子関係の影響


香里さんのお返事は、

すごいですね!
ADDかもって数年前に問診で言われ調べる予定ですが、ネガティブな気分は続かないので、朝から明るい気分だし、可愛い人にウキウキするから、なんだろう(笑)
ありがとうございます。面白いです。

わたしは支配されたり、ほだされて感情移入し過ぎたりで、自分を見失う?って恐れや、スポイルされる?恐れや、自分軸が大丈夫なのか不安になるようです。


というもので、ここで初めてADDの疑いの話が出てきます。

それと同時に、親子関係の「赤色メガネ」でよく生じる特徴的傾向(自分を見失う、スポイルされる、自分軸が揺れる)が見られます。

なので、ここで一旦質問を小休止し、まず精神科に現在通院していないことを確認し、香里さんの意志も確認することにしました。

以下が私の返信です。

「ここで、ちょっとお話しなければならないことがあります。

まず、ADDの疑いについてです。

私は、ADD・ADHDはタイプ7と傾向が似ていると昔から思っていました。

でも、私は発達障害は専門ではないので、詳しくないんです。なので、タイプ7と関係があるのか、ないのかはわかりません。

なので、香里さんの傾向がタイプ7から来ているのか、ADDから来てるのかを判定することは、今の段階では難しいです。

それから、香里さんの親子関係に関することです。

私のブログの「3つのメガネ」の記事はお読みいただいてますか?

そこでは、エニアグラムのメガネの前に、親子関係からくる「赤色メガネ」があると書きました。この赤色メガネがあると、エニアグラムの影響があまり出てこないか、ネガティブに出るという話です。

香里さんのお話で気にかかったのは、「自由を奪われたり」「自分を見失う」「自分軸が大丈夫なのか」というお話です。

まだわかりませんが、もしかしたら、エニアグラムのタイプ以前に、ADDと共に親子関係の影響もあるのかなと感じました。

でも、これをお聞きすると、かなり踏み込んで行くことになります。このやりとりはカウンセリングではないので、香里さんの状態を見ながら進めることができません。

もし、香里さんがそこまで踏み込まれるのはちょっと…とお感じになられるなら、このやりとりはここまでにして、記事にもしないということにしますが、どうでしょうか。  香里さんが大丈夫ということならば、もう少し様子を見ながら続けようと思います。」

わたしは冷静なので大丈夫です。一つの客観的見解として淡々と?捉えてます。赤メガネ読みましたが再度、読んでみます。色んな角度から学びたくて。闇雲に期待して極端な捉え方をしたりはしません。 ありがとうございます。自分としては、続けてこたえたく望んでいます。

星乃「わかりました。では、気をつけて進めていきますね。  では、まず単刀直入に聞きます。  香里さんの性格や行動傾向に、親子関係の影響はあると思いますか?」
はい。ありがとうございます。 母からの影響が、かなりあると自覚しています。
星乃「そうなんですね。もしよろしければ、ご自身でどのような影響があったと考えているのか、お母様はどんな方なのか、教えていただけますか?」

母は、上品で丁寧で几帳面で女性らしい印象の人です。 責任感と使命感が強く、三次元の価値観で、家柄や学歴や職業で教養も違ってくると信じている。部屋は整頓され、真っ直ぐ並べられ、引き出しや冷蔵庫の中も鞄の中も整然と分類され、お財布の御札も向きが逆だと気になって眠れないそうです。

自分は人を傷つける言い方はしない。嫌われた事がない。と言ってます。神経質な自分が嫌なのよと言ってますが。妹は絶縁しています。サービス精神旺盛な母ですが、神経質で一人で暮らす方が気楽なようです。 か弱げに見せかけ自分の感覚しか普通じゃないと(笑)

母の趣味の洋服に、母の趣味のピアノやクラシックバレエに、中学の卓球部も、東洋大学の哲学にと言ってみた際も女の子は理屈っぽくなると可愛くないからと却下され、(笑) 言われるがまま(笑) そんな感じです。
父は、温和な感じの、礼儀など拘りは色々ある、母に合わせてる感じの人でした。優しいのですが、急にムキになったりする、何処か不器用な人でした。母は人の操縦が巧いと思います。

星乃「なるほどですね。香里さんは、お母様はタイプ2とおっしゃっていましたが、私もタイプ2か、もしくは1か。超自我の強いタイプと思いました。

 香里さんは、そんなお母様の影響で自分のどういう性格が作られたと思いますか? 「自由」を求めることや「自分軸が揺れる」などは、そういうところから来ていますか?」
↑そんな感じかと思います(笑) なんだかんだ自分も、世間体や周りの目は気になるし、しかし全て合わせられないし、なんだか生命力を奪われ?大変です(笑) 自分を知り、周りとも程よい距離感でバランスよく楽しく暮らしたいです。

母にスポイル?されて自分らしく生きられないのを危惧して?又、自分もマイペースが楽なので、自由を求めたいのでは?って思います。

星乃「続いて、また質問です。  香里さんは、子供が生まれるまで「無口」だったとおっしゃっていましたが、それもお母様の影響があると思いますか?」
妹は天真爛漫だったので、(自分は)元々が内弁慶だったみたいで、外では母が代弁者のように此方の応えるのを待たずに周りの人に応えてしまうので、諦めて主張しない子どものまま(笑)
結婚したら母とも離れたので、気楽に子どもの親だから話せるように変われたみたいです。
母に理解されなかった反動で逆に多弁なくらい話すようになったようです。

星乃「そうなんですね。 言ってもわかってもらえないし、否定されるだけだという気持ちもあったのでしょうか? それと、もしかして、かのかりさんは顔はお父さん似、妹さんはお母さん似ですか?」

(母の)そういう反応が多かったので自然に諦めたみたいです。両方に似てますが、どちらかというと自分は父に、妹は母にかな? 父に似てるってよく言われます。


香里さんの現在の状態の総括


星乃「では、今までの総括として、香里さんの今の状態について、思ったことを書いてみたいと思います。

まず、このやりとりの一番の目的であるエニアグラムのタイプは、タイプ7、おそらくタイプ7w8だと考えます。

これは今までのお答えと、フェイスブックのお写真の雰囲気も拝見してのものです(フェイスブックの雰囲気や文章の雰囲気からも7w6ではなく、7w8と考えました)。100%ではないですが。

香里さんの場合、それに加えて、ADDの疑いと親子関係の影響が考えられます。

次に香里さんの状態について考えられるケースをあげていきます。

私は、人間の性格は、遺伝・占星術的影響・エニアグラム・その後の経験( 親子関係など)の4つの組み合わせでできると考えています。

そして、ADDの原因は今ははっきりとわかっているわけではありませんが、遺伝もしくは脳の機能的な問題とされていますよね。

そのように考えた時、一番可能性が高いと思われるのは、次の2つです。

(1) もしADDと診断された場合:エニアグラムタイプは7w8ですが、その上に親子関係でできたフィルターと脳の機能的な問題が重なっている。 

(2) もしADDではないと診断された場合:エニアグラムタイプは7w8で、その上に親子関係でできたフィルターが重なっているために、ADD的な傾向が生じている。 

そして、これは可能性は低いと思いますが、 

(3) ADDの影響でタイプ7w8的な傾向が出ているが、本当のタイプは7ではなく、親子関係のフィルターも重なり、まだ隠れて出てきていないという場合。


なぜ、可能性が低いと感じるかというと、「かわいい男性が好き」「面白いことが好き」「神秘的な世界が好き」など、タイプ7のポジティブな面も見えるからです。

タイプ7w8の女性の芸能人をあげると、鈴木紗理奈さん、真矢みきさん、虻川美穂子さん、高嶋ちさ子さん、奈美悦子さん、大久保佳代子さん、松任谷由実さんなど、他にもたくさんいらっしゃいますが、みんな強い感じがします。

でも、香里さんはお写真を拝見すると、7w8的ではあるんですが、やや可愛らしい印象を受けました。なので、ここは親子関係で、7w8の強いところが出にくかったのかなと思いました。

それから、遺伝的な影響もあると思います。「元は内弁慶」と言ってらしたので、お父様似で遺伝的にはおとなしい感じなのかもしれないと思いました。

それから、「口数」についてです。

今は多弁だけど子供が生まれるまでは無口だったとおっしゃっていました。 そして、お母様から離れたことで、お母様に理解されなかった反動で逆に多弁になったとおっしゃっていました。

それもあると思いますが、私は、お母様から離れたことで、やっとタイプ7w8らしさが出せるようになったということもあると思いました。

でも、ちょっと気になることもあります。

「結婚したら母とも離れたので、気楽に子どもの親だから話せるように変われたみたいです。」と香里さんは書いていらっしゃいました。

私が気になるのは、「子供の親だから」という部分です。

これは私の推測ですので、間違っていたら気にしないでくださいね。

人間というのは、どうしても親が自分にしたように、自分の子供にも接してしまうという傾向があります。香里さんのお母様は香里さんの前でかなり多弁だったようです。

そうすると、「母親=多弁」「子供=無口」というイメージが出来上がってしまいます。そのイメージを持ったまま、子供ができると、今度は自分が母親の立場になるわけで、「母親=多弁」というイメージに影響されます。

もしそうならば、香里さんが多弁になったのは、お母様から解放されてタイプ7w8の傾向が出てきたということに加えて、お母様の影響、つまり「赤色メガネ」の影響もあるのかもしれないと考えられます。

香里さんは「わたしは支配されたり、ほだされて感情移入し過ぎたりで、自分を見失う?って恐れや、スポイルされる?恐れや、自分軸が大丈夫なのか不安になるようです。」 と書かれていますので、やはりまだお母様との関係でできたフィルターが影響してしまっているように感じます。

なので、香里さんはまず、ADDの診断をして、本当にADDなのか見極めること、そして、ADDならば、適切な治療を受けることが必要ですよね(精神科医はよく選んでくださいね)。

そして、もしADDでも、そうでなかった場合でも、お母様との関係でできたフィルターをできるだけ薄くしていくということがこれからの心理的な面での目標になるのかなと思いました。

以上が、これまでのやり取りで私が考えたことです。」


ご本人の感想


これに対しての香里さんの返信です。
ありがとうございます。 自分が考えていた事を具体的に言葉に文章に纏めてくださった感じで有り難いです。自分は過保護?に支配され?育った様で、世間知らずというか、子どもには個性を生かして自分らしく生きてほしい野望?があったので、尊重していたつもりですが、その理想を力説し過ぎたような(笑)

的を得た提案というか意見や感想を頂き、解りやすいし、正直、この文面も、周りに例としてアップしてくれると自分も嬉しく思います。

Facebookの方にも自分が発達障害かもな事も投稿してきたし、知ってほしいのもあるけれど、もしかしたら、似たような状態の人もいるかも知れないから、 色んな角度から意識して、エニアグラムを通して、本質的な自分を今の自分の課題などを更に具体的に気づけるきっかけに、このやり取りも、誰かの役に立てたら嬉しいので、アップして貰えるといいです(笑)

Facebookのフレンドさんにも、色々悩んでる人もいるみたいで、エニアグラムは単純に奥が深く面白い世界?だと思うので。


まとめ


このように、かの香里さんのケースはエニアグラムの判定をする際、遺伝と身体的機能、親子関係の影響を複合的にみる必要があるケースでした。

今までこのブログで理論的にお話ししてきた、「人間の性格を形成する4つの要素」の具体的な事例として、また、エニアグラムタイプ判定の事例として参考になればと思います。

そして、香里さんのおっしゃるように、このような4つの要素という視点で自分を理解することで、より明確に自分の状態を把握することができるということ、「赤色メガネ」で隠された自分の本質を垣間見ることができるということをお伝えできれば嬉しいです。