星乃かたちみ

精神科クリニックで臨床心理士として勤務していた私星乃が、人間の性格とは何か、どの様にして形成されるのかを臨床心理学や精神医学に縛られることなく語っていきます。自分とは何なのか、どうやって生きればいいのか悩んでいる方に少しでも参考になればと思います。

「ヌーソロジーとは何か」でもお話しした通り、ヌーソロジーでは「自己と他者」を存在の最小単位と見て、 これによってこの世界のあらゆることを説明していこうと試みています。現在の物質主義的な意識状態を反転させ、自己の意識(奥行き・持続)を基盤にした世界観を作ろう ...

前回、ヌーソロジーの記事ではたくさんの方に来ていただき、本当にありがとうございました。そこで、今日は、ヌーソロジーに興味を持つ人「ヌーソロジスト」にはエニアグラム的に見て、どんな特徴があるのかについて書いてみたいと思います(エニアグラムについてご存知ない ...

「素粒子の正体は誰も知らない:複素数の謎」「価値を見失った若者たち:限界が迫る日本社会」「権威主義的パーソナリティと日本の若者たち」「新反動主義は人類の希望の光となり得るかーVRと「多形倒錯」」  最近のこの4つの記事では、人類は今様々な分野で限界を迎え、袋 ...

ここのところずっと取り上げている、社会学者の宮台真司さんの著書『正義から享楽へ』。この本で宮台さんが、この世界の希望の光と捉えているのがVR(ヴァーチャルリアリティ)の技術です。そして、このようなIT技術によって人類をより良い未来に導こうという考え方を新反動 ...

今日はドイツの精神分析・社会心理学の研究者エーリッヒ・フロムの 「権威主義的パーソナリティ」について書きたいと思います。前回「価値を見失った若者たち」という記事を書きましたが、この価値を見失った若者たちが陥りやすいのが「権威主義的パーソナリティ」です。この ...

昨日、社会学者の宮台真司さんのラジオ番組を聞いて、衝撃のデータを知りました。この2011年に実施された日本青少年研究所による高校生の意識調査によると、日本の高校生で「自分は価値がある」と思っている人は7.5%しかいないのに対し、アメリカは57.2%。「自 ...

この世界のすべての物質、存在の大元の最小物質である素粒子。聞いたことはあるけど……生活には何にも関係ないし、普段は考えることなんてないって方が大半だと思います。それにちょっとネットで調べれば、「素粒子とは?」っていうサイトがたくさんありますし、今更調べな ...

↑このページのトップヘ